寄付と研究費

最近、iPS細胞を作った山中さんの研究所が寄付の広告を出していて話題になりました。

www.cira.kyoto-u.ac.jp

 

内容は、研究の重要性にもかかわらず、研究所で働く科学者の9割以上が非正規で、いつ資金が尽きるかわからないから寄付をお願いします、という訴え。山中さんはiPS細胞を作ったことでノーベル賞を受賞し、京大に専用の研究所を作って、尚且つ潤沢な研究資金が取れているのですが、膨大な数に増えた研究所の所員を雇い続けるためには、資金が足りなくなる可能性もあります。しかも、競争的資金は数年ごとに公募で獲得する資金ですから、競争に敗れて獲得できない年があれば、その年は雇用を切らなくてはならなくなります。

 

これは日本の殆どの研究所や大学で同じことが言えて、今や教授かそれに相応する職にありつけた“上がった”人たち以外はほとんどが非正規雇用です。実際名だたる国立研究所では9割とはいかないけれど、やはり相当の人が非正規だし、5年契約で雇用が完全に終わるケースや、1年おきの更新なんて普通に聞く話です。

 

こういう傾向は、2000年くらいから始まったことなのですが、当時、助手(今の助教)で入った人が昇進できなくても定年まで同じポジションにい続ける人が結構いて、万年助手と呼ばれていました。彼らがずっと助手のポジションにいることで(もちろんい続けるしか選択肢がなかったからなんだけど)それによって若手の登用ができないことや、人材の循環が止まることが問題になったのだと記憶しています。

 

 その後、新しく雇われた若手研究者のポジションは順次5年任期になっていきました。今や准教授のポジションにいる人でも、終身雇用でないケースがあるようです。ポスドク1万人計画に始まった研究者人口の一次的な増加によって、雇用を何とかしなくてはならなかったのも一因かもしれません。その結果何が起こったかというと、教授以外(時には教授職でも)は有期雇用にすればいいという考え方が普通になって来ています。これは大学の運営側にとっては都合のいいシステムではありますし、運がよく実力もある研究者にとっては、ポンポンといいポジションを渡り歩いて教授に収まることができる可能性もあります。

 

 人材の循環を促すといういい面もあるのですが、いつまでたっても雇用が不安定な職種と化してしまった研究の世界からは、優秀な人が去って行っているように感じます。実際、学術界での研究職は雇用の不安定さの点から、あまり人にお勧めできない。

 

大学や研究所は研究費(雇用のための資金も含めて)を運営費交付金や競争的資金で賄っているのが現状ですから、これに寄付や、他の収入も含めて安定した運営をできるようにするという山中さんの研究所のやり方は、今後もっと広がっていってほしいと思います。ただ、他の大学だとips研究所ほどのお金は集まらないでしょうけど。

 

東北大の脳トレの研究者はかなりのお金を稼いで研究費として寄付をしたそうです。それくらいしか、日本のアカデミアで研究所の資金獲得の方法はない、というのが今の問題のように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒルビール

 昨日は、最近近所で開催されているビールフェスティバルに行ってきました。駅前にある広場で1週間ほど、開催されているんだとか。結構面白かったです。久々に日本のメーカー以外のビールを飲みました。ドイツ民族音楽のグループが2-3時間ごとに講演をしてくれて、それを見ながらビールを飲む。結構おつです。ただし、休日の昼間子供を連れて行ったのですが、子供はどれくらい楽しかったのかはちょっと不明です。音楽は面白いけど、講演のブランコのほうが楽しかったような気がします。YuがShunの面倒をよく見てくれて、平和に過ごしました。イベントでのアルコールはえらい高いので散財してしまいましたが。昼間からビールを飲んだせいで家に帰ったらぐったりしてしまいました。幸せなのかもしれません。

 

 それはそうと、最近Shunはひらがなを読めるようになってきていて、一生懸命どれっシンゴのボトルや、壁に書いてあることを読もうとしています。読める時と読めない字がまだあるようで、”う”を”ん”と間違えたりと、まだ定着していません。でもやる気と達成度はぐっと高くなっています。自分でもっと読めるようになると楽しいでしょうね。お兄ちゃんがよく本を読んでいるので、Shunはどれくらいそれに影響を受けるでしょうね。

 

 昨日はTkは古くなった靴の買い替えをしました。店員に勧められるがままにNikeの大きいサイズの靴を買ったのだけど、やっぱりNikeよりアシックスのほうがあってたような気もします。Tkは偏平足の上に足幅が広いので、結構足にいい感じに合う靴を探すのは苦労します。子供のころは偏平足じゃなかった気がするのですが、中学生くらいから足がぺったんこになりました。靴が悪かったのかと、いまだに思うことはあります。ちゃんと土踏まずのあるいい靴を履いてれば、少しはましだったのかもしれません。なにより悪かったのはたぶん上履きなのだろうと思っています。あれだけ長時間履く靴なのに、あんなぺったんとした靴底ではいいわけはない。そういうこともあって、子供たちには、なるべくいい靴を履いてもらいたいと思っていて、上靴にも中敷きを敷いています。

 

最近はアキレスが出している瞬足の上履きっていうのが出ているようなので、今度試してみようと思っています。

 

 

 

 

 

 

環境次第

 ようやくこち亀が図書館に返却されたら、Yuが読む本は手元にある活字本に戻ったようです。つまり、手元に楽しいものがあればそちらばかりに熱中するし、なければないであるリソースで楽しむことができるわけですね。頭ではわかっていても、改めて実感しました。ということは、ある程度ゲームや漫画を制限することは環境を作るという意味ではいいことだとも言えます。ただやりすぎは禁物で、禁止物が多すぎると欲求が逆に強くなったり、逆にはまってしまう可能性もあります。少しの嗜好物と、ある程度制限された環境がいいのかもしれません。まあ、家庭によって考え方はあるでしょうけど。

 

 逆に、無尽蔵に漫画やゲームを与えると、果たして本を読む癖は付くのかどうか?学校の読書感想文で仕方なく読む、というふうにしかならない気がするんだけど、どうなんでしょうね。こういう傾向は経験的には知られているし、自明な気がするんだけど、ケーススタディーやアンケート調査で統計を取ったような研究はないのかしらん。

 

 結局のところ、人がどういう性質に育つのかは環境次第なんでしょうね。ものすごく高度だったり一流の技術や人に日常的に触れ合っているとそれがベースラインになるでしょうし、逆もしかり。かといってあまりに(ほかの人から見て)非日常が日常になっていってしまうと、他の人とは分かり合えないでしょうし。ある程度のバランスも、大事ですね。

 

 

連休なのに台風

 台風が来ていますね。今週は土曜日は仕事、日曜日は台風が上陸、月曜日も休みですが、どうなることやら。日曜日は太鼓の練習がありますが、たぶんこの分だと行かないほうが安全です。ということは家にいることになるので、何しよう??たぶん子供と遊んでおしまいになるのでしょうか。

 

 昨日から、どうも筋を痛めたみたいで首回りが痛い。何もしていないのに。たぶん変な姿勢で振り向いた覚えがあるから、そのせいなのかもしれません。基本的に運動できていないので、ストレッチが足りないのでしょうね。こんな状態だと、年を取るとともに毎日どこかを痛めてしまいそうで怖い。何とかしないと。

 

 Yuは最近ひたすらこち亀を読んでいます。10冊借りてきたようで、それを繰り返し繰り返し読んでいる様子です。面白いんでしょうね。こうやって漫画にはまってしばらく抜け出せなくなる時期って確かにあります。飽きるほど読んで、そのうち飽きるかといえば、なかなか飽きないんだな。

 

 ただ、面白いことに成人して以降、パタッと漫画の面白さが分からなくなりました。何しろ読むのが面倒くさい。漫画と文字を追わないといけないし、読んでみたら面白くない、テーマや絵やストーリーが陳腐だと全く面白みを感じない、というような状態になりました。昔読んだ漫画は今更読む気にならないし、という感じで漫画を読まなくなりました。でもこれも、ひたすら漫画を面白いと思って読んだ時期があったからなんでしょうかね。

 

 ただ、バランスが大事なんだけど、それも人に寄るのかもしれません。電車やバスに乗ると、50を超えたおじさまが面白そうにマガジンを読んでいる姿を目にすることがありますから、わからないものです。

 

 というわけで、親のできることなんてたかが知れていて、なるべく本を読める環境を作りつつ、本人の嗜好にはなるべく批判的にならないことくらいしかできません。親の面白いと思うものを本人が面白いと思うとは限りませんから。この間本屋によって、自分の図書カードで本を買いたいというので何を選ぶかと思ったら、定期的に買っている、活字(ルビ付き)の世界の名作集を1冊、コナン(漫画ね)の漫画を一冊、あとは自衛隊系の戦艦や戦車の写真の乗っている大人向けの雑誌を一冊買いました。いまはこういうのが好きみたい。ハリーポッターやファンタジー物の本も勧めてみたのですが、オレこういうのは好きじゃないと一言。へー、ちゃんと好きな系統の本があるのかと感心しました。

 

 ただ、本は偏って読むのもなんなんで、二つほどTkが読んでほしいなぁと思う本を買ってあとであげたのですが、楽しそうに読んでいたので、それはそれでありなのかもしれない。

 

 Shunはというと、電車が好きみたいでこの間図書館に行った時には鉄道ファンを借りてきてたまに読んでいるみたいです。そういえば、Shunは最近ひらがなを読めるようになってきていて、頑張って字を読もうと努力している様子がいじらしい。しにてんてんがつくとじだよね!とか、確認しながら読もうとしています。あれは何て読むの?と聞かれる頻度も増えてきました。徐々に成長しているなぁと思いながら眺めています。

 

 ここ2週間ほどカブトムシの幼虫の様子を見ていないので、たぶんこの週末はいい加減に土を変えないとたぶん、土の中は糞だらけになっているでしょう。これが唯一週末にやらなくちゃいけないことかもしれません。

 

 

 

もう秋

 昨日は初もののサンマを食しました。一尾100円で売っていたらしく、これは安いかもと思って買ったそうで、脂がのってとてもおいしゅうございました。魚がおいしいとついおかずも食べ過ぎてしまい、少し位が持たれた感があったのは年のせいかもしれない。

 Tkは比較的魚を上手に食べれるほうです。それをわきで見てYuがどうやって食べるのかを聞いてくるので、骨の位置と、構造からこうして身を取るというような説明をしたのですが、こういうのは自分でも試行錯誤しながらやっていかないとなかなか慣れませんね。

 Shunはまだそこまで魚に手を付けないので、Tmが身を取ってあげて、少量食べる感じ。今後どうなるかわかりませんが、興味を持てば食べていくでしょう。ただ、怖いもの知らずというか、お頭つきのサンマだったので、魚にキス?をしてみたり、頭からかぶりつこうとしたりしていました。

 今年はサンマと梨を食べたので、あとは何が秋の味覚だったっけ?栗ご飯でしょうかね。

 

 少し涼しくなってきたので、朝は涼しい風が入ってきます。ちょうどいい気温なのもあと1か月ほど?でしょうかね。これから日がどんどん短くなっていって、寒い日がきたころには暑さが恋しくなるのかもしれません。

一区切り

 以前住んでいたエリアでのYuの太鼓関係のイベントがあって家族で行ってきたのですが、それも無事に終わり一区切り。このイベントに出るために月1でTkかTmが車を飛ばして練習に通っていたのですが、これでもう関係する行事はおしまい。Yuがこれまで所属していたグループからも脱退しました。

 

 引越した後で、以前住んでいたところに通うというスケジュール的にも経済的にもタフな時間を過ごしていましたが、ようやくそれも終了です。引越してからも少しだけ関わりを持っていましたが、半年かけて徐々にフェードアウトしていったので、うまく今後気持ちの切り替えをしていってくれるでしょう。

 

 アメリカに住んでいた時のことを思えば、片道200キロの距離はそれほど大したことないのだけど、日本の道路で200キロを通うのは結構大変ですね。幸いTmが長距離運転を変わってくれるので、ドライバー二人で行くとだいぶ楽でした。

 

 今回の訪問では、子供たちは友達に会いに行ったり、公園で遊んだりして、きっとそれぞれ満たされた時間を過ごしたと思うのだけど、これが1年後、2年後に会うことがあったらまた関係性も変わっていたり、体格や顔つきも変わっていっているのでしょうね。

 

 今日からまた普通の、日常生活を平和に過ごせますように。

 

 

コカ

子供の科学という雑誌が昔からあって、Tkが子供のころも、確か兄貴がとってもらっていたのを覚えています。コカと略していっていて、去年?くらいは我が家も1年定期購読をしていたのですが、1年でとりあえず終わりにしました。これが案外面白い。大人が読んでも時間つぶしになります。1年分たまっているコカは、Yuが繰り返し読んでるので、講読した価値はあったかなと思っています。またそのうち再開してもいいかもしれません。子供が読むのであれば、読み物にはお金をかけてもいいと思っています。