何が重要かなんて簡単にはわからない

 研究業界にいることもあって、基礎研究の重要性がどれくらい世間に、というより国会議員と官僚に認知されていないのかを肌で感じます。実際、毎年大学や研究所の予算は減らされて行っていますし、競争的資金を獲得できない研究者は研究ができず、その研究費の分配も選択と集中とかいう官僚の考えた独自の枠組みで制限されるし、予算は使い道が官僚的なルールで決まっています。まあルールは必要なんだけど、自由度はまだ比較的低いわけです。(ただし、20年前に比べると、繰り越しもできるようになったし、徐々に改善はされています)

 

 じゃあ、どんな基礎研究は必要で、どんな基礎研究は必要じゃないのか?といわれたら、よくわからんですよね。研究者なんて、自分の研究分野プラスアルファくらいしか詳しくは知らないし、それが今後どういう影響を及ぼす研究なのかは実際のところ誰もわかりません。その道の研究者がかろうじて将来性とか、方向性とかは多少見通せるくらいじゃないでしょうかね。

 

 例えば昆虫の研究をやっている研究者がいたとして、それにどれくらい研究資金を配分されるべきかなんて、分野外の人に聞いてもわからんですよね。でも例えばこの記事は、昆虫の生態を調べておかないと、環境の変化がどれくらい劇的に起こっているのかが分からない例の一つかもしれません。

 

昆虫種の「壊滅的崩壊」、地球規模で進行中 研究
2019年2月12日 15:35 発信地:パリ/フランス [ フランス ヨーロッパ ]
昆虫種の「壊滅的崩壊」、地球規模で進行中 研究
ハチ(2018年6月25日撮影、資料写真)。(c)SYLVAIN THOMAS / AFP
【2月12日 AFP】世界の全昆虫種の半数近くが急速な減少傾向にあり、その3分の1ほどが地球上から姿を消す恐れがあるとの研究結果が、このほど発表された。これにより、食物連鎖や農作物の受粉において悲惨な結果がもたらされると、研究は警告している。

 今回の研究をまとめた査読済みの論文は「人類が食物生産の方法を変えなければ、数十年後には全ての昆虫が絶滅の道をたどることになる」と結論付けている。この論文は4月に学術誌「バイオロジカル・コンサベーション(Biological Conservation)」に掲載される予定だ。

www.afpbb.com

 

 だから、いろんな基礎研究を万遍なくサポートして、維持していく必要が社会としては必要なんじゃないかと感じます。 

 

 

Ski

 この間の週末は、ちょうど1日だけ何も予定の入っていない日があったので、スキーに行ってみました。4-5年前に一度だけスキー場に行ったことがあったのですが、その時にはShunはスキー靴をはく年齢でもなく、TmがShunを雪遊びさせている間にTkがYuにスキーをさせていました。Yuも年齢が高くなくて怖かったようで、少し滑っただけで十分という感じでした。

 今回はYuが高学年、Shunも小学生なのでみんなでスキーを滑ることに。Shunが幼稚園で雪遊び遠足に行ったことがある人工雪のスキー場で、ここからも1時間くらいの距離にある近場の初心者向けのスキー場に。ネットで予約を取って、今回は子供たち二人とも教室に1日預けることにしました。TkもTmも滑れるといっても自己流なので、子供たちに安全に1日がっつり教えるほどの技量はありません。というわけで、スキー場主催のスクールに、それぞれ別のレベルのコースに入ってもらいました。

 それを伝えると、二人とも自由が無い!と不平不満を言っていましたが、いざ入ってみるとわりに楽しめたようです。特にShunは自信満々で言ったのにもかかわらず、靴を履くことも難しい現実に1日向き合っていました。Yuはボーゲンで滑れるようになり、それほど急でないスロープであればブレーキをかけながら滑り降りることができるようになりました。Shunはというと、バランスをとって滑れるものの、ターンやブレーキはまだまだ。ただ、1日の講習会ではここまでできれば上出来という感じです。スクールが夕方に終わり、その後1時間ほど家族だけで滑りました。Shunはゲレンデを上から滑り降りる度胸はあるんですが、いかんせん止まれないので、直滑降で激走していました。夕方になるとスノーボーダーが入ってくる時間になり、ゲレンデには腰をおろしているボーダーがいっぱい。危うくShunが突っ込みそうになりましたが、何とか転んで回避できました。

 スケートはこれまで何度も連れて行っているのですが、今回はほぼ初めてのスキー体験。年に何回も連れていくことはできませんが、やったことがあるかどうかは大きくなったときに大きな差になりますから、よかったんではないかと思っています。

 TkとTmは今回はファンスキーという短めのスキー板を借りてみたんですが、これが結構面白い。ストックもなく、短い板なのでスケートのような感覚で滑れます。次回もファンスキーを試してみようと思っています。たぶん来年でしょうかね。

 

 

 

 

 

 

7yrs, BD

 Shunが7歳になりました。どういうわけか、クラスの子に誕生日おめでとうと言われたり、BDayカードをもらったりしています。モテるなーと感心。もらったプレゼントを楽しそうに眺めたり装着したりしています。相変わらずのマイペースですが、毎日成長して、いるんでしょうね。

 

Shinkansen

先日出張で新幹線に久しぶりに乗ったのですが、車内に警備員が巡回していました。車掌ももちろん回っていましたが、セキュリティー専門の警備をいれたのですかね。ここ数年、焼身自殺とか、殺傷事件とか、新幹線の車内での事件があったせいか、JRも方針を変えたのでしょうかね。安全性を考えると確かにいいことです。違和感も特にないし。

 

創作意欲

大人になってからもある程度はありますが、子供は創作意欲が高いですね。

Shunは突然靴を作り始めました。靴の絵に色を塗る課題があったようで、それを使って牛乳パックで形を作り、靴を作っていました。最後にTmが靴ひもを上げてパンチで空けた穴にひもを通したら、見た目はいい感じの紐靴になりました。そういえばTkも子供ころは段ボールで雪駄を作って履いたりしていました。Shunもこれで外を歩いてみたいようですけど、たぶん足が痛いでしょうね。

 

f:id:taka_deep_river:20190123104609j:image

Yuはというと、しばらく下火だったLEGOの創作意欲がまた湧いているようで、結構精巧なトラックを作っています。というか、ひたすらトラックを作っているような気がします。

f:id:taka_deep_river:20190123104621j:image

 

 

 

 

コーチング

 サッカーや野球といった部活の花形競技では、コーチや監督の罵声が飛ぶなんてことは一昔は当たり前に見た光景だし、特に少年野球ではまだ普通にあると聞きます。Yuのやっているサッカーでも、コーチの言葉遣いが気になることもあるし、他のサッカーチームとの試合を見に行くと結構ひどい言い方をしているのを見聞きします。これでもまだましになったほうなんでしょうけど。

 去年はYuのサッカーコーチの言葉でさすがにひどいと思ったことがあったので苦情を入れました。親としてはいい信頼関係で、成長してほしいと思っているのですが、5-6年生を毎日相手にしているコーチはちょっと言葉遣いの境界があいまいになっていくのか、気になる言い方をすることがあります。

 スポーツの指導者だけじゃなくて、親も子供にとってはコーチ的な存在なわけですけど、どうやってコーチングをするのかなんて知らずに親になる人がほとんどですよね。これってちゃんと教育しないといけないことなんだと感じます。そもそもコーチングって何?って人がたぶん40代以上には多いんじゃないかと思うし、私もそんな感じです。

 

で、これはちょっといい解説記事

note.mu

 

 指導するのと、相手にマウンティングするのは全く別物だし、注意することと相手の人格を否定するのは別物。今起こったことの話をするときにこれまでにあったネガティブなことを持ち出すのはご法度だし、長時間だらだらと説教するのではなく、要点をはっきりさせて端的に話さないといけない。これをすべて真逆にやっている人は指導者をやめるべきだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

お金の授業

 これもテレビの話ですが、この間村上ファンドの村上さんがテレビに出ていました。結構いい話をしていて聞き入ってしまったのですが、

 

  • 日本はお金儲けを悪いことと考える文化がある。
  • お金の話を遠ざけているから、お金のマネージメント能力が低い
  • 学校でもお金についての授業は皆無
  • 海外では小学校から高校にかけて、Checkの書き方、銀行口座の開き方、お金の管理方法、経営学の基礎、投資の概念などを授業で段階的に教えていく
  • お金儲け自体は悪いことではない。お金のマネージメントの仕方を知らないと、損をしたり、生きづらくなる。
  • お金のことをもっと身近に考えてほしいと思ってお金の授業を開いている。

子供へのお金教育

  • モノの値段を観察して、値段の変動から何故その値段になっているのかを考える癖をつける
  • 外食をしたら、掛かったお金がいくらくらいかクイズ。なぜその値段がついているのか(立地、材料費、人件費などなど)、その値段の価値があるのかを考えるきっかけにする。
  • お小遣いやお年玉を管理させる。
  • 家の住宅ローンや借金がいくらか子供に教える。そうすると、自分が生きていくためにどれくらいのお金がかかって、どれくらいあれば生きていけるのかを考えるようになる。

というような話をかいつまんで、実体験に基づいて話をしていました。実際、日本はお金の話をすること自体が卑しいと教えられていきますし(大阪は別?)、あまり子供にも収入や借金の話はしません。でも自分で生きていくようになると必要になることだしいずれは知らなくてはいけないですね。

 

 最近Yuはお金にも興味があるようで、年収や家賃、貯金のことなどをちょくちょく聞いてきます。これまでははぐらかしていたのですが、村上さんの話を聞いて、まじめに話してもいいかなと思うようになりました。5年生くらいになるとお金の価値や値段が想像つくようで、色々クイズに出すとわりにいい線いった答えを出してきます。情報は出し惜しみせず、十分に与えて考えさせたほうがいいんでしょうね。