7月になり

 先月の忙しさが一段落して、今月は腰を据えて作業をしています。今週急に暑くなって、体力を消耗している気もしますが、慣れるしかありません。問題は、外は酷く暑く、職場は酷く寒いことです。この寒暖差が体力を奪っていきます。

 

 子供たちは、すっかりここの土地に慣れた様子で、言葉も大阪弁になりつつあります。特にShunは、言葉が汚い。”おまえ”、”~してんじゃねーよ”などと、耳を疑うようなことがば散髪的に出てきます。確かに、幼稚園に見学に行くと、周りの子供たちは、先生に容赦なく”ツッコミ”をかましていますし、いろんな影響を受けていっているんでしょうね。その都度、言葉遣いは直していますが、タフになっていっていることは確かです。

 

 Shunよりは分別のついているYuでも、だいぶ言葉に影響は出ています。学校ではなじんでほしい反面、もろ大阪弁にはなってほしくない気もするし、複雑です。どうしようもない話ですけど。

 

 この間じーちゃんが送ってくれたカブトムシは5匹中4匹が孵化し、すごく重たい蓋を容易に開けて外に出たりと活発に動いています。カブトムシって力持ちなんだなーと感心しながら、箱の中に戻すんですが、たぶんまた開けるんでしょうね。

 

 

カブトムシ

我が家にはじーちゃんがくれたクワガタとカブトムシの幼虫がいるのですが、幼虫が徐々にさなぎになっていっています。いまさなぎが4つ。雄雌半分ずつです。うまく育ってくれればいいのですが。クワガタは、よなよなガサゴソと活動的に動いています。

やれやれ

 ずっと気にしてみていた国会が終わりました。分かったことは、今の野党じゃ全然与党に太刀打ちできないってこと。まるで大人に頭を押さえられた子供が手をぶんぶん振って殴ろうとしているけど、一発も当たらないような感じのやり取りでした。何をやってもいなされ、けなされ、はぐらかされ、逆に貶められる状態でしたね。終わってみれば、共謀罪は採決され、森友も加計の疑惑も何の解決もしないまま、すべてがうやむやのままに終わった。次の国会では、何事もなかったかのようにゼロから始まるんでしょうかね。

 

 日本人の選挙の投票は、選び方が極端な気がします。民主党政権が誕生したときはかなりの人が民主党に流れてしまって、政権は誕生したけど、その後の落胆が大きかった。自民党が強くなって、安倍政権になると、自民党ばかりが勝ってしまって、野党が弱くなる。投票する人が、政治のバランスを考えて投票しないこともそうだし、各党の固定の支持者が少ないことも原因なのかもしれません。その点某学会を支持母体にしている政党はコンスタントに議席を取っているのでしょう。

 

 もう一つは、いまだに若い世代が選挙に行かない。たぶん、義務教育で選挙に行くことをもっと奨励したほうがいいんじゃないかと思います。アメリカにいたときは幼稚園児だったYuが大統領選挙の時には、”中立な立場で”子供たちに選挙の仕組みや、選挙に参加することの大切さを教えていました。

 

 色々げんなりする国会でした。次の国政選挙はいつだ?

 

 

 

 

 

案外世話好き?

Shunは、最近園児用の教材を始めたんですが、それについてきたオジギソウを育てています。おもったいじょうにちゃんとお世話ができるようで、自分と同じ名前を名付けて、毎日話しかけています。順調に育っていて、芽がいくつか出ました。世話好きなのかもしれません。

少しずつ

学校や幼稚園にはだいぶ慣れた様子の子供たちですが、習い事はまだ一つも再開していません。少しずつ、なにをやろうか見学に行ったりして決めつつあります。その点、Yuは結構慎重で、選択肢がいくつもある中で、一通り見学しに行って納得したうえで決めたいようです。親としても、そういうやり方は安心してみていられます。毎回見学に行く手間はありますが、当人が納得して選択したことは、意欲も高いでしょうから。

 

太鼓も少しずつ動き出しています。以前の太鼓関係者ともまだつながりがあって、行き来をしていますし、新しいところも伝手をたどっています。どうなるかはわかりませんが、本人次第。

 

子供の習い事は、親があれこれ言うこともあるかもしれませんが、我が家は本人がやりたいことだけをやらせる傾向があります。親がいいと思うことでも子供にとって苦痛なこともありますし、自分でやりたいと思ったことでなくては、モチベーションは上がりません。TkとTmがやることは、選択肢を提示することと、送り迎えをすること。

 

Shunはどちらかというとまだ親と一緒にいたい時期のようで、依然通っていた体操もべつにやらなくていい、家にいるというのが最近の主張です。家で満たされて、エネルギーが余れば外に気持ちも向くんじゃないかと思っています。

 

 

 

少しずつ、少しずつ。

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間

この間、ふとYuに本を買ってあげたのですが、

www.amazon.co.jp

 

あっという間に読み終わっていました。面白かったとのこと。面白い本は一気に読んでしまうんですね。あればどんどん読むので、もうちょっと刺激しないといけないのかもしれません。この10歳までに読みたい世界名作シリーズは、今のYuにとってはちょうどいい?レベルなのか苦も無く読み切ります。振り仮名がふってあるのと、適度に絵が入っているのもいいのかもしれません。たぶんもう1,2年すると、フリガナなしの活字本も意欲的に読んでくれると規定してます。

 

Shunはというと、11ぴきのねこシリーズが好きみたいで、11ぴきのねことこぶたを買ってあげたらうれしそうにしていました。その夜Tmが読んであげていました。Shunにももっと本を読んであげないとと、反省。こちらも本が大好きなんですが、Yuの時ほど読んであげられていないのが申し訳ないところです。

 

www.amazon.co.jp

 

雑感

4月から新しい職場で働き始めて、もうすぐ2か月がたとうとしているのですが、思っていたよりも過ごしやすい気がします。比較的独立して仕事ができるのと、それほど気難しい人がいないか、そういうそぶりを見せないのも大きいのかもしれません。

 

ここは講義が前の職場よりも多くて(といってもほかの大学と比べたらたいしたことはないけど)、研究以外の業務が多いこともあって、協力関係が強い気はします。

 

環境が変わると、以前の環境で常識だったこと(常識だとそこの人は信じていたこと)が常識ではなくなり、新しい環境でのマナーになれなくてはなりませんが、今のところ変に感じるようなルールもなく、いい感じ。まあまだ2か月なので、これからどうなるかはわかりませんが。

 

研究の業界でも、上下関係が厳しいところもあれば、合理性を重視してやっているところもあって、色々なんですが、ちょうどいい具合のところがいいですね。変にボスを崇拝するところは気持ちが悪いし、居心地も悪い。かといって、うちわで反目しあっていたり、裏で面倒な話をしているのも勘弁してほしい。それぞれが、それぞれの業務をこなして、生産性のある日々を送りたいものです。

 

最近職場に来るのに、自転車で来ているのですが、少し遠回りをして河川敷を走ってきます。家からトータルで10キロくらい。ちょうどいい運動になります。今はちょうどいい季節なのでまあまあの量の汗で済んでいますが、これから暑くなるにしたがって、汗だくになっていくでしょうね。

ここしばらく運動する機会がないので、体重も増えがちだったので、ダイエットにはちょうどいい運動です。

 

今は来月の授業の準備中。自分の仕事の話をするのと、教科書に沿って教える授業は、準備の仕方がだいぶ変わるということが分かったこの頃です。