読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まず貸与型奨学金の呼称を”ローン”にすべき

 給付型奨学金、という名称がまずおかしい。貸与型奨学金のことを、奨学金と呼ばずに、ローンと呼ぶ、それで、給付型奨学金のことを奨学金とよぶところから始めてほしい。だれだ、この呼称を決めたのは。

 

給付型奨学金を創設=無利子も拡充―安倍首相

時事通信 3月29日(火)19時31分配信

 

 安倍晋三首相は29日夕、2016年度予算の成立を受け、首相官邸で記者会見した。

 大学生らを対象にした国の奨学金制度について、首相は「本当に厳しい状況にある子どもたちには、返還が要らなくなる給付型の支援によって、しっかり手を差し伸べる」と述べ、給付型奨学金を創設する考えを表明した。今夏の参院選から選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられる見込みのため、若者支援拡充をアピールする狙いがありそうだ。

 首相は「家庭の経済事情に関係なく、希望すれば、誰もが大学にも専修学校にも進学できるようにしなければならない」と強調。給付型奨学金に関し、首相は25日の国会答弁で「全面的に否定的なことを言ったことはない」と含みを持たせていたが、会見ではより踏み込んだ。

 国の奨学金制度は文部科学省所管の独立行政法人日本学生支援機構」が運用。返済が必要な通常の奨学金には無利子型と有利子型がある。首相は「可能な限り速やかに、必要とする全ての子どもたちが利子のない奨学金を受けられるようにする」と明言。返済についても卒業後の所得に応じて軽減措置を講じる方針を示した。